舌磨きと歯磨きでインフルエンザ予防!

インフルエンザの予防というと、まずは手洗いうがいやマスクを装着することなどが挙げられます。
実はそれ以外にも、舌磨きと歯磨きを徹底することでも予防効果があると言われているのです。
一見、歯磨きとインフルエンザにはなんの関係性もないように思えるでしょう。
しかしインフルエンザの特性を見れば、その関係性が見えてきます。
インフルエンザとはインフルエンザウイルスに感染することによって起こる感染症です。
このウイルスは風邪ウイルスなどに比べてとても小さく、マスクをしていようとも繊維の隙間などから侵入してきてしまうのです。
そして体内に入り込んでしまうと、急速にその数を増やし、高熱や関節痛などの症状を引き起こします。
口の中には粘膜を保護する膜が存在しますが、口内の細菌が出す酵素によってこれが破壊されてしまうのです。
歯磨きをしないと、当然口の中は細菌だらけになり、粘膜を保護する機能が弱くなってしまいます。
舌や歯を磨くことで粘膜をしっかりと保護し、ウイルスの侵入を抑制することが出来、インフルエンザの予防につながるのです。
特に、朝一番の歯磨きは重要です。
寝ている間は、起きている時に比べ唾液の分泌が少なく、口の中でたくさんの細菌が繁殖しています。
朝起きた時に口臭が気になったりするのも、そのせいです。
まずはこれをきれいに洗い流すことで、口内環境を良くすることが出来るのです。
舌の上にも細菌はたまりやすく、細菌や汚れが「舌苔」と呼ばれる白い苔状のものになってしまっていることもあります。
歯磨きと違い普段磨くことがあまりない場所ですが、口臭の原因にもなったりするので、舌苔ができているのに気付いたら歯ブラシで舌も磨いてあげましょう。

■お薬でインフルエンザ予防する
インフルエンザ薬