アジアでインフルエンザ対策としてのキャッツクロー

キャッツクローは、南米ペルーの高地に生息し、猫の爪の名が示す通り、葉の付け根に猫の爪のような棘があるのが特徴のハーブです。
2000年以上前から、関節炎やリウマチに効果がある万能薬として、現地では利用されてきました。
キャッツクローには、アルカロイド、トリテルペン、ポリフエノール、プロアントシアニジン、植物ステロール、キノビック酸グルコシドなどの有効成分が含まれていることが分かっています。
WHOでも副作用がないハーブとして認めていて継続的に摂取することも安全性が確認されています。
一部ヨーロッパでは、抗炎症薬として認可されています。
キャッツクローに含まれる7つのアルカロイドが、片頭痛やリューマチ、肩こり、腰痛、関節痛などに効果があると考えられています。
また、免疫力の増強、炎症作用の改善にも役に立ち、ガンやウイルスの感染にも効果が期待されています。
アジアでは通常のインフルエンザ以外に新型インフルエンザも起こり、その予防のために、漢方薬などの力を借りて免疫力を高めているそうです。
その中で、キャッツクローも注目されていて、アジアでは風邪やインフルエンザの予防だけでなく、花粉症やリウマチの予防としても日常的に摂取されています。
実際にキャッツクローのサプリメントを製造販売している会社では、サプリメントの摂取により、社員や家族が誰もインフルエンザにかかることがなかったという報告があります。
キャッツクローの抗インフルエンザ効果は注目されていてます。
5歳以上の子供から継続的に摂取することにより免疫賦活作用により免疫力をつけて、ウイルス感染を防御することが期待されています。
日本以外のアジアでは既に広く摂取されているキャッツクローを摂取して、免疫を強くしたいものですね。