手洗いはインフルエンザ予防に有効である

冬になるとある病気が猛威をふるい、世間や自分たちの身元を賑わせます。
そう、インフルエンザのことです。
インフルエンザはインフルエンザウイルスが体内に入り込み体の中で増幅することで悪化し、抗体ができるまで悪さをし続けます。
予防するにはインフルエンザウイルスを増やさない努力が必要となります。
ウイルスとの接触は人のくしゃみ、空気中、つり革などものとの接触などいたるところで起きます。
特に手はさまざまなものに接触する部位なので、自然にウイルスと関わりを持つことになります。
そのため手をしっかりと清潔に保つことが、私たちがインフルエンザを回避する手段となります。
しっかりと洗えばウイルスの大部分を殺すことが可能ですが、それには普段私たちが行っている方法では不十分です。
ウイルスが蔓延する前に、その方法を見直してみましょう。
インフルエンザウイルスを死滅させるには、十分な時間と丹念に細部まで洗うことが不可欠です。
まず時間に関してですが、15秒以上洗うことを徹底します。
また30秒以上石鹸で洗えば約80%のウイルスが殺菌されるとの方向もありますので、できれば30秒近く洗った方が良いと考えられます。
その時は必ず隅から隅までしっかり洗う事を心がけましょう。
洗い方に関しては、まず手のひらと手の甲を洗います。
それから指先からつめに広げていき、指の間を洗っていきます。
親指とそのまわりも洗って、最後に手首をしっかりと洗浄。
そして流水で洗い乾いた清潔なタオルで拭く、こうすれば完璧です。
ただ洗いすぎると皮膚が痛み、逆にウイルスが入りやすくなるので過度な手洗いは止めましょう。
ウイルスとお友達にならないよう、手洗いから入念にやっていきましょう。